神戸市垂水区のまる福整骨院院長 まる福こと福家です
................................................................................
今月は臨時休診が多く、ご迷惑をおかけしました。
ホームページや来院時のカレンダーでご確認ください。
 4/29は9時〜14時まで通常受付診療です。
 5/3は9時〜自費・小顔・美容整体のみの完全予約受付です。
................................................................................

季節の変わり目というと、気温や湿度など自然のものはもちろん
入学入社、転勤など、社会的なものも変わります。

するとどうしても体調を崩しやすい。
ここ最近はギックリ腰の患者さんが増えてます。

治療をすれば、ある程度改善しますが
炎症症状なだけに、その場で100%治るなんてことは出来ません。
だから少しでも楽に過ごせるように、コルセットを使うようにお伝えしてますが
「持ってるけど、効果がないから使ってない。」
「使い方がイマイチよくわからない。」
なんて方が意外と多いようです。

高いのに勿体ない!
痛くなくて使わないで済むのが一番だけど
痛くなっちゃったんだから、しっかり使ってください。

ということで、コルセット講座です。
と言っても、結局この2つの注意すればOK。

,匹猟度の痛みか(コルセットの強度)
△匹海痛いのか(コルセットを巻く場所)

立ち上がるときに辛いとか、ズキズキ疼いたりする重症のときは
前後にプレートが入ってたり、ベルトでがっちり締めたり出来るタイプ。
ウチだとこんなタイプ


激痛はないけど、重だるいとか伸びきらないなどの時は
固定よりも動きを優先させたタイプ。
ウチだとこれかな

お持ちのコルセットを確認してみて、症状とマッチしなければ
着けても効果が得られないことがありますので注意してください。


それと、意外と見落としがちなのが巻く場所。

後ろに反らすと痛い、身体をまっすぐ起こせない
そんな時は、コルセットの中心に骨盤が来るように巻くのが基本。

腰椎と骨盤の両方固定して、安定させます。


でも、時にはもっと下に巻くのが楽なときも

少し歩きにくくなるけど、下半身が安定します。


さらには腹巻のように、お腹に巻くのが効果的なときもあるしね。


要は、鼻水の風邪の時に咳止めを飲んでも意味がないように
「今の腰痛にとって、何が必要か」
をキッチリ判断する必要があるよってこと。

それさえ守れば、コルセットってホントに助かります。
もしも痛くなったら、思い出してくださいな。


一昨日、昨日と滋賀県での合宿セミナーに参加してきました。

「SNSを活用しましょう」というテーマの勉強会で
今まで苦手で避けていた分野だけど、これじゃいかんと思って申し込みました。

結論から言うと、参加してよかったです。
初級編というだけあって、参加者のほとんどの方がわかってる内容でしたが
まる福にとっては、思い切り背伸びしたら何とか届くレベルでした。

これだけのためにTwitterのアカウントを取ったにもかかわらず
現地で講義中にフリーズして、全く参加できないというアクシデントにもめげず(笑)
最後まで何とかついていけました。
滋賀での合宿の様子 みんな楽しんでいただけました
講師陣を始め、皆さん何かしらの業界の敏腕経営者の方ばかりで刺激を受けました。
2日間、ありがとうございました!




 
コメント
コメントする