神戸市垂水区のまる福整骨院院長 まる福こと福家です
................................................................................
今月は臨時休診が多く、ご迷惑をおかけしました。
ホームページや来院時のカレンダーでご確認ください。
 4/29は9時〜14時まで通常受付診療です。
 5/3は9時〜自費・小顔・美容整体のみの完全予約受付です。
................................................................................

同じ場所を何度も痛めてしまう患者さん、結構多いです。

もちろんまる福整骨院にも来られます。
そしてそんな方は「クセになってるから仕方ない」と諦めてるフシがある。

経営的にはありがたいのですが(内緒)

せっかくのご縁で、まる福整骨院に来られたのだから
しっかり治ってもらいたいし、変な誤解を持ったままでいてほしくない。

そんなわけで、「クセになるってどういうこと?」を今日は書こうと思います。

クセになる原因は色々と理由はあるんだけど、「完治していない」ことが多いです。

ここで重要なのは、何をもって完治とするか?です。

患者さんが思う完治と、まる福が思う完治とが合致していればいいんだけど
ここで誤差があると、勝手に完治したと判断して治療をやめてしまう

当然、治ってないんだから、ぶり返す。

これを「クセになった」と思っているんです。

「治ったのに、クセになってまたケガをした」じゃなくて
「治ってないからぶり返した」んです。

ここ、単純なようで重要です。

風邪を引いたと考えたらわかりやすいかな。

熱が出た、のどが痛い、鼻水が出た、などなど
いろんな症状があって風邪を引いたと判断します。

風邪だと、医者が思う完治と患者が思う完治にそこまで誤差はないはず。

熱が下がって、のどの痛みが取れて、鼻もスッキリして
心身共に元気に動けるようになったら完治と判断できるかな。

これを例えば、熱が37℃くらいあるのに完治した!
なんて無理して動き出したら、ぶり返しちゃいますよね?

これで、「あぁ、俺は風邪を引くのがクセになった〜」
なんて言います?言わないでしょ。

「いやいや、そりゃ中途半端に無理したらダメでしょ」
ってなりますよね?

こんなやり取りをケガの治療でしていると思ってください。

やっと腫れも引いてきて、強い痛みも無くなってきたから治った!じゃなくて

動き始めの痛みだったり、違和感だったり、突っ張り感だったり
こんなのが全部無くなって、初めて完治したと言えるんです。

もちろん、その人の求める生活やスポーツの強度によって変わりますけどね。

その最後のところをしっかり治したら、そんなにぶり返すことはありません。

あとどのくらい治療が必要かとか、何をすれば完治するのかなど
気になることはドンドン先生に聞いたらいいと思います。

答えてくれる先生は、状況を把握しているいい先生って判断も出来るし。

ぜひ、参考にしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ホームページにも掲載したし
ニュースレターにも書いたし
カレンダーも別で作ってお渡ししたし
至るところに張り紙もしたし
来院時に声掛けもしたし
ブログでも毎回書いた。

「それでも月曜火曜の連休に来ちゃいました!」
って患者さんが多かった〜。

しかもお久しぶりで知らなかったんじゃなくて
今月来られてて休診を知ってたはずの方が〜。

伝わらなければ、存在しないのと同じ。
もっと良い伝え方があったのかも…。
次回からはもっとよくなるようにしよう。

 
コメント
コメントする