ご無沙汰してます、まる福です。
色々とありまして、今月最初の更新になっちゃいました。
また、改めて更新しますのでお付き合いください。

垂水での治療活動も、あと半月になりました。
当日のご予約は混みあってますので、前日までがおすすめです。


さて、今日の患者さん。
中学生になったばかりのRくん。

土曜日に手をついてこけたそうで
捻挫と思い、近くの整骨院に行かれたそうです。
(まる福が休診だったからね)

__ 1.JPG
      2日経って、この状態

パッと見てもわからないでしょ!?
よく診ると腫れてるけど、ケガしたのは右手首です。
行った先でも、単純な捻挫と言われてシップだけで終わったそう。

でも、本人の訴える痛みの場所が手首じゃなくて
少し肘に近い骨の上なのが気になったので
しっかり触診してみると、左右で少し形が違う部分を発見。

お母さんと本人に、骨折の疑いがある説明をして
すぐに提携先の整形外科を受診してもらいました。
まる福整骨院では、このような場合には、すぐに提携している整形外科を受診してもらい
その先生の診断結果を基に治療を行います。

なぜなら
\姐院ではレントゲンが撮れないので確定診断が出来ないのと
骨折の応急処置は出来ても、継続する治療には医師の同意が必要
だからだけど、この部分は違う機会に書きます。

で、結果がコレ。

矢印のところが折れてました。
わかります?


正常なのがコレ。
矢印の部分が丸くなってるでしょ?

折れてる方はというと

ほんの少しだけど、角みたいに尖がってる。

これ、子ども特有の骨折で、竹節状骨折と言います。

大人の骨は、完成しているので固い。
固いが故に、衝撃を受けるとポキンと折れます。

ところが子どもの骨は未発達で柔らかい。
なので衝撃を受けると、折れずに曲がったり、つぶれたりします。

ちょうど、生木を折ろうとしても折れずに曲がる感じ。
なので、若木骨折とも言います。

骨折って、真っ二つじゃないこともあるんですよ。
骨に傷が入ったものを骨折というので、ひっかき傷、かすり傷のような骨折もありますし
今回のように、つぶれて変形する骨折もあります。

今回は変形も少なくて、腫れも痛みも少ないので
簡易ギプスを作って、経過観察で済みそうです。

今回の大事なこと。
これだけでも覚えといて。

・捻挫だと思って軽く考えてると、意外と骨折してることもある
・子どもの骨折は折れないこともある
・整骨院でも骨折の治療が出来る

 
コメント
>お母さんじゃないよ さん
褒めていただき、ありがとうございます!
今回のケースは腫れがほとんどなかったので、わかりにくかったのかもしれませんね。
まぁ、何の言い訳にもなりませんけど…。

垂水では大変お世話になりました。
残り少ない期間ですが、よろしければいらしてください。

大久保では、「ケガしない体作り」「セルフコンディショニング」に重点を置いて治療をしていくつもりです。
その一端をお見せできるかと思います。
  • by まる福
  • 2014/05/20 6:41 PM
最初に行った整骨院が見つけられなかった骨折を

見事に見つけた福家先生はやっぱり凄いわ!

こんな優秀な先生が垂水から居なくなるとは・・・

これからケガできないわ。

まる福のバカ、バカ、バカ!
  • by お母さんじゃないよ
  • 2014/05/20 6:31 PM
コメントする