こんばんは。明石市大久保にある骨盤矯正が上手なまる福整骨院院長の福家です。

一昨日、ついに40歳になりました!

患者さんからはお祝いの差し入れや、お言葉をかけていただきました!
ありがとうございます!ありがとうございます!



Aさん、バラの花束ありがとうございます!
初めてもらったけど嬉しいですね(笑)



Fさん、チーズケーキありがとうございます!
力作チョコペン似顔絵ケーキ、美味しかったです。
ほとんど食べちゃいました…。



Iさん、デニッシュとシュークリームありがとうございました!
秋はやっぱりイチジクですよね!?
美味しかったでーす!

「知らんかったわ」
「もっと早く言ってくれたら」
という方に朗報。

誕プレは前後6カ月間、絶賛受付中で〜す!
待ってマース!!


ってか、1年中やん(笑)

 

さて、今日は整骨院らしいネタを。

サッカー中に転倒して手をついてケガをした高校生。



左手が腫れて太くなってるでしょ⁉
色も少し青っぽいし。

今回は検査の結果、整形外科の診断を仰ぐことにしました。
早い話、骨折の疑いがあるってこと。

こんな時、まる福では整形外科を紹介したのち
1.そのまま整形外科に転医
2.整形外科の診断を基に、まる福で治療開始
 (骨折していても、いなくても)
という流れになります。

どちらにしても、固定が必要なので
今回は簡易ギプスを作りました。



と、その前にしっかりアイシング!
ベルトタイプのアイスノンは巻けるから便利!
肘や膝のケガなどに重宝します。

  

プライトンという固定具です。
最初は板状だけど、70℃弱の熱を加えると軟らかくなり
加工しやすくなります。



お湯に浸けて軟らかくしてから
手に合わせて形を作ります。



とりあえず、こんな風に出来上がり。

ただ、これだと角や縁が当たって痛いので
はさみでカットします。  



さらにクッション代わりにシップを貼って完成。



サポーターで止めれば、着け外しも簡単!
  
捻挫はもちろん、軽い骨折ならこの固定だけのことも。
かなり重宝する固定法です。

ま、ケガしないのが一番だけどね。

普段バカ話しながら治療してるから
たまにこんなことをすると先生っぽいでしょ(笑)

お大事にね〜。
関連する記事
    コメント
    コメントする