こんばんは、明石市大久保町のまる福整骨院院長の福家です。
ブログを見ていただいて、ありがとうございます!
 
今日初めて見たよって方は、今後ともよろしくお願いします。


 
今日は紹介状の話。






こちらからお願いした診察に対して
整形外科から回答書や報告書をいただきます。

 
紹介状とは、まる福整骨院から病院に診察依頼をするために
患者さんにお渡しする書類です。
 
患者さんがこんな症状で困ってるんだけど
こちらでは限界があるので、お願いします、
 
ってのを、もっと丁寧に書いて(笑)
病院に持って行ってもらいます。
 
 
紹介状を出すパターンとしては
1.初診で来たけど、骨折や脱臼の可能性がある場合
2.通院中だけど、経過が思わしくない場合
3.明らかに整骨院の診るものじゃない場合
があります。
 
 
々折、脱臼の可能性がある場合
 
捻挫や突き指しました〜って初診で来た場合
まず骨折・脱臼の可能性を調べます。
 
見た目の腫れや色合い、押さえた痛さ、動きなどなど
あと、経験からくる勘というか予感というか。
 
大丈夫なら大丈夫でいいんだけど、
骨折の可能性がある場合、
突き指(捻挫)かもしれないけど、骨折の可能性もあるよ
という具合に、患者さんに説明します。
 
その上で、整形外科を受診するかどうかを
患者さんに決めてもらいます。
 
処置は骨折と同様の処置をすることになるので
心配ないことがほとんどだけど
気持ちの上でスッキリ安心しときたいかってところです。
 
ただし、どうしても行ってほしい場合、
例えば、まれに子どもの突き指程度のケガでも
手術しないといけないケースもあるので
その場合は、無理してでも受診してもらいます。
 
 
経過が思わしくない場合
 
これは、
予想以上に痛みが取れない場合のほか、
原因はわかってるけど何度も症状をぶり返してしまう場合
 
などです。
 
それと、
保存(切らない)治療より、外科(切る)治療の方が
結果的に早いし、患者さんのためになりそうな場合も。
 
今回はこのパターンでした。
 
もちろん
初診時にそのこと(経過によっては整形を受診してもらうこと)
も含めて説明してるんで、お互い納得した上での受診です。
 
 
整骨院じゃない場合
 
整骨院でも診れるんだけど
整形行った方が明らかに早い場合
 
例えば『石灰沈着性腱板炎
 
レントゲン検査で判明するので、
注射と投薬でかなりマシになります。
 
痛いのにダラダラやるより、その方が患者さんは楽。
 
 
それと、内科疾患。
 
多いのが、盲腸や痛風、胆石・尿路結石などです。
 
明らかに痛みが違ったり、特有の痛がり方をするのと
やっぱり、経験からくる勘というか予感。
 
意外と多くて、年に1人か2人か来ます。
 
で、すぐに内科の受診を勧めて行ってもらいます。
 
違ってても、違うことが証明されるからお互い安心だし
もし、そう(内科疾患)だったとしても、
処置が早くて済むからやっぱり安心。
 
 
 
これは、まる福整骨院基準なんで、違うかもしれないけど、
整骨院からも、ちゃんと整形外科や内科を紹介するし
 
その後も、病院から報告書が届くので
安心して通院できると思います。
 
心配な時は、かかりつけの先生に相談しましょう!
 
ではでは。
 
 
 
まる福整骨院

ホームページ

Facebookページ 「いいね!」してくださーい。
休診情報や、院の雰囲気などアップしてます。
 
〒674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪1521−1
078-964-5005
 
最終受付時間(時間内に入れば大丈夫です)
午前9:00〜13:00
午後15:00〜19:00
予約優先ですが、なくても大丈夫です
木曜午後のみ完全予約制
※自費治療・小顔整体・美容整体のみ
 
休診日
土曜午後、日曜祝日
その他、セミナー出席などで臨時休診があります
 
まる福整骨院までの道順
JR大久保駅から

車で一般道から

車で高速道路から

 
コメント
コメントする