こんにちは、明石市大久保町まる福整骨院のふくいえです。

奥さんの実家で歓待を受けて
普段飲まないのに調子に乗って日本酒飲んだら
早々に酔いつぶれてしまいました。

今年はブログ書こうと思ってたのに、早2日目に途絶えるという(笑)

多少前後しても、とにかく諦めず、コツコツ書きますんで。




さて、年末年始で飲み過ぎ食べ過ぎの人も多いのでは??

お正月はそんなもんなんで仕方ないんだけど
濃い味付けの料理を食べ過ぎると、浮腫みやすくなりません?


体温しかり、血圧しかり、人間の体は一定に保とうとするので
濃い味付けの料理を食べて、上がった体内の塩分濃度を下げるために
余分な水分を溜め込んで、濃度を薄めようとします。

これが浮腫みの原因です。


お酒も同様に、アルコール濃度を薄めなきゃ!って反応が起きます。

しかもアルコール自体、利尿作用があるので、
体内の水分が少なくなりやすくなってます。

薄めなきゃいけないのに、水不足なもんだから、余計に溜める力が働いて浮腫みやすくなるんです。


ついでに言うと、
寝る(横になる)ことで、脚と顔が同じ高さになります。

ってことは、全身等しく浮腫むので、顔が特に浮腫んで目立ちやすいよ。

立ってると下に下がるから、脚が浮腫むけどね。


だから、食べたり飲んだりするときは、水か白湯をしっかりと飲んで、水分量を増やしておくと
翌朝の浮腫みは出にくいです。

トイレが近くなるから嫌だって人もいるけど、
むしろ、じゃんじゃんトイレで出しましょう。

余分な塩分やアルコールで淀んだ体内を、キレイな水で洗い流すイメージです。


お正月だけど、浮腫むから食べない飲まないってのも大事だけど、
食べても飲んでも平気!な方がストレスないと思います。

日頃から使えるコツなんで、覚えといてください〜〜(^^)


奥さんの実家、川西市の多田神社。
清和源氏発祥の地だそうです。

ちなみに三ツ矢サイダーも、ここ川西です。

以外とやるなー川西。
コメント
コメントする