こんばんは。
明石市大久保にある骨盤矯正が上手な
まる福整骨院院長のふくいえです。

まる福整骨院には、体の不調を訴えて来られる方がほとんど。
腰だったり、肩だったり、ひざだったり。

そんな方のほとんどが、この問題を持っています。
今日は、そんなことを書きました。

✅足の指をちゃんと使えてますか?です。

まる福患者さんにはお馴染みの
骨靴下です。



あなたは、足の指を曲げれますか?



出来るよって方、しっかり付け根が曲がってます?



こうなってません?

手だとグーが出来るけど、足だと出来ないってのは
足指をしっかり使いこなせてないってことです。

逆立ちするのに、指先まで使うでしょ?
手の指がしっかり動くから指先まで力が入るんです。

でも、足指が曲がらない、力が入らないってのは
足指を使えてないってことなので
いわば、逆立ちを手のひらだけでしてる状態なんです。

想像だけでも、バランス悪くて不安定だし
余計な力がかかって力んじゃうでしょ?



曲がらないならまだしも
指が反ってたりすると、もう大変。

つま先を上げる筋肉を一日中使い続けてるんだから
そりゃ足も疲れますよ。

あなたの足指はどうなってます?

もしも動いてない、反ってるよって方は



ひたすら曲げてください!
折れるんじゃないかってほどに!

大丈夫、折れやしないから(笑)
しつこく続けてると、曲がるようになります。

そしたら、タオルを指でたぐったり
消しゴムとかの小さいものを指でつまんだり
足指でじゃんけんしたりしてください。

こんなことで、立ち方が変わって
安定感が出るし、足腰の痛みが軽減します。

何せタダだし!
お試しあれ。

ではでは。
こんばんは。
明石市大久保にある骨盤矯正が上手な
まる福整骨院院長のふくいえです。

朝晩の寒さがこたえる季節になってきました。
暑かった夏が過ぎ
秋らしくなってきたと思ったのも束の間
もう早や、冬のような風が吹いてます。
近畿は木枯らし1号も発表されたしね。

そんなわけで、カレンダーの話です(笑)



垂水の患者さんにはお馴染みのデザイン。
オーソドックスでメモを書きやすいタイプです。

出来るだけ人目に付く場所に飾って
来る人来る人に宣伝しましょう(笑)
こんばんは。
明石市大久保にある骨盤矯正が上手な
まる福整骨院院長のふくいえです。

昨夜の大雨、すごかったですね。
深夜にあれだけの雷が鳴ったもんだから
朝から患者さんとの話題はそればっかりでした。

今日の昼間にも雨が降ったし
季節の変わり目、おかしな天気が続きそうです。


さて今日は、整骨院ではハリ治療やってますか?です。

よく聞かれるんだけど、まる福整骨院ではやってません。
ハリ治療をするには、鍼師の国家資格がいるからで
まる福はそれを持っていないのです。

免許を取るのに時間と費用が掛かるのが理由ですが
取ったらすぐに使いこなせるものでもないし
実際使いこなせるようになるまでに、かなり時間がかかるんです。

ちなみに、一般に言う鍼灸師とは、鍼師と灸師の免許を
両方持っている人のことで
まれに片方しか持っていない先生や
持っていても、一方の免許しか使ってない先生もおられます。

まる福では、鍼治療は無い代わりに
それを補うだけの手技と電気治療で対応してます。

まぁ、そこは患者さんの好き好きなので
どうしても鍼じゃなきゃやだという方は
鍼治療を受けられるところへ行ってねとしか言えませんね。

今日は何のひねりも落ちもない内容でした。
ではでは。
__.JPG
こんばんは。
まる福整骨院院長、ふくいえです。

今日は開院して2ヶ月して、やっと懇親会をやりました。

それまでにもランチ行ったり、ミーティングしたりはしてたけど
改めて全員参加したのは初めて。

受付の順子さんと前田さんがキビキビ動いてくれるし
何より楽しそうに仕事してくれるから
院の雰囲気はスゴく良い感じです。

ありがとうございます‼︎

奥さんも家事や育児をしつつ、事務仕事をキッチリこなしてくれてます。
事務仕事が何より苦手なまる福にとって、ここはホント大助かり。
この人と結婚してなかったら、もしかして開業出来てなかったかも⁉︎

いつもありがとね‼︎

そんな訳で、日頃の感謝をしつつ、美味しくお肉を食べましたとさ。

いっぱい働いて、また食べに行きましょう‼︎
こんにちは。
明石市大久保にある骨盤矯正が上手な
まる福整骨院院長のふくいえです。

バレエ雑誌を買ったら、バレエの新患さんが2人来られました(笑)
しかも紹介でもなんでもなく、ホントに偶然。

患者さんを想うと来る法則を発動したのを実感しました!


さて、今日のテーマは
痛みがおちついてからこそ、治療の本番って話。

✅痛みが落ち着いてからが実は大事

最初の痛みが無くなったから、治療を終了しちゃう人が多いけど
これが実は一番危険です。

なぜかと言うと
痛みがある間っていうのは、いわばマイナス、赤字なわけで
痛みがなくなったというのはプラマイゼロになっただけ。

だから借金は無いけど貯金もない状態。
嫌でしょ?(笑)

貯金がないから、ちょっとしたトラブルですぐに借金をしちゃう
ということは、つまり痛くなっちゃうわけ。

これが俗に言う「クセになった」って奴。

借金完済していない、もしくは貯金がないことを
間違って認識しているわけです。

…借金借金って書いてて
自分に重ねてしまってちょっと凹んできた(笑)

✅やっぱりリハビリは必要

痛くない体にするために
出来るだけ体に貯金をしましょうと言うこと。
それにはリハビリが必要です。


…って言うと、すぐに嫌な顔をするでしょ⁉
そんな人は激しい筋トレをイメージするからかもしれません。
別にみんながみんなムキムキマッチョを目指す必要はないです。

まる福がお世話になっている松井先生
同じくお世話になっている押方先生

・・・(笑)

え〜っと、普通の人はですね
その人が欲しいレベルになればいいわけで。

目標を設定して、期限を設定して
それに向かってするって話であって

正座をしっかりしたいとか
階段をスムーズに上り下りしたいとか
登山をしたいとか

何でもいいんですよ。

でもpやるのとやらないのとでは
5年後、10年後が違ってきますよ。

✅まとめ

年に何回かギックリするんです、とか
しょっちゅう痛くなっちゃうんです、とか
もう諦めてます

なんて人は、リハビリを見落としてませんか?
一度、見直してみてください!

ではでは、よい週末を。







 


こんにちは。
明石市大久保にある骨盤矯正が上手な
まる福整骨院院長のふくいえです。

今日は息子の運動会。

今週は天気が今一つで心配してたけど
むしろ暑くて焼けたくらい。

入学式ですら泣いてしまったまる福なので
感極まってまた泣くかと思ってたけど
今回は大丈夫でした。

子供の成長を喜びつつ
炎天下でしんどかったです(笑)
 
こんにちは。
明石市大久保にある骨盤矯正が上手な
まる福整骨院院長の福家です。

明石は朝から雨が降ってます。

明日は子どもの初めての運動会。
今日は土砂降りでもいいから、明日は晴れて欲しいわ〜。

✅ひどくなる前に治療を受けるタイミングを知る方法

整骨院で保険を使って治療を受けることができるのは
『ケガをしたとき』限定なので、すでに痛くなった後ですが
何回か治療を受けて、最初の症状が治まってきたときに
次はいつ行こうかな〜」なんてことありません?

もしくは、どこも悪くないけど、痛くならないためにも
定期的にメンテナンスをしたいと考えている(自費治療対象)

今日はそんな人向けの内容です。

✅痛い間は続けて治療を受ける

治療院や、先生によって、考え方は違うので一概に言えないけど
痛みがある間は出来るだけ続けて治療を受けた方が良いです。

良い状態であっても、日々の生活で痛めてしまうことが多いのに
痛めてしまってるのなら尚更です。

どこまで良くなったらかの線引きは難しいので
先生と相談してもいいし
一番ネックになっている動きがスムーズになってきたら
ひとまずはOKとすれば良いんじゃないかな。

✅どのタイミングで次の治療を受けるべきか



今日、治療に来てくれた樋口くん。
笑顔がステキなナイスガイです。

彼の場合、腰と股関節が痛くて辛かったそう。



うつぶせになって、足を浮かせてもらうと
全くというほど動かない。

筋肉がないから?

じいちゃんばあちゃんならまだしも
現役バリバリで働いている青年が?

それはおかしいでしょ。

だったらなんでかというと
骨盤が動いてないからなんです。

アクセルを踏んでるのに(足を上げようとしてるのに)
骨盤でサイドブレーキを踏んでいるようなもの。

サイドブレーキを踏みつつ、アクセル踏み続けたらどうなるって言ったら
エンジンが壊れるでしょ?
それが腰が痛くなったということ。

そんな彼を治療したらこうなった。



本人もびっくりの上がりっぷり。

サイドブレーキを解除した状態。
こうなると、軽くアクセルを踏むだけで車は進むから
エンジンにかかる負担は少なくて済む。

つまり、体の負担が減るってわけ。
良かった良かった。

さて、肝心なのはここから。

手を加えたら上がるようになったってことは
元々彼の骨盤は動くはずだった

動くのが元々の状態。

それが毎日の動作の中で動かなくなった。

動かないまま放置したので知らないうちに無理をしていた。

だから痛くなった。

だったら、動かなくなった時点で手をかけてあげれば
元の動く状態に戻るでしょ?

そこが治療を受けるおすすめのタイミングです。

動くのが元々の状態。

それが毎日の動作の中で動かなくなった。
←ここで治療をする
動かないまま放置したので知らないうちに無理をしていた。

だから痛くなった。

✅痛みが出る予兆を自分で知ることが大事

つまり、今回のようにうつぶせで足を上げたりとか
バンザイしたときの左右の腕の上がり具合とか
片足ずつ足を抱えたときの動き具合とか
例えば5つくらいチェックリストを作っておいて
それに3つ以上引っかかったら、もう体は限界に来てるってこと。

いつパンクしてもおかしくない。

だからこのタイミングで治療を受けるのが良いってわけ。

痛くなるまで頑張って、痛くなったらすぐ治療する
というのもいいんだけど
そもそも痛くなる前に先に治療しておく方が
楽で良いんじゃないかなと思います。

良かったら参考にしてみてくださいな。

ではでは。
こんばんは。
明石市大久保にある骨盤矯正が上手な
まる福整骨院院長の福家です。

先週の寒さはどこへやら。
今週になって、また暑くなってきました。
雨も降ったり止んだりするし
ギックリになったり、寝違えたりする方が増えてます。
くれぐれも気を付けて!

最近のまる福整骨院には、バレエ少女患者さんが増えてきました。

奥さんがバレエをやってたってプロフィールを
表に張り出してたのを見た子が最初に来始めたのがきっかけで
後はいつも通り、そこからのご紹介です。(ありがとうございます!)

予定ではバレエ少女がドンドン増えてくるはず!
だったらバレエ用語を使って説明できるようにしなきゃ!

なわけで、奥さんに聞いて買いました。


バレエ少女愛読紙「Clara」
これを読みつつ、勉強します(笑)

待合いに置いてるから、気になる人はどうぞ!

ではでは。
こんばんは。
明石市大久保にある骨盤矯正が上手なまる福整骨院院長の福家です。

ここ最近来られた初めての患者さんの中に、知らない方が多かったので
改めて説明していきますね。

✅整骨院で保険を使うにはルールがあります。

整骨院ってどんなイメージです?

安く全身マッサージしてくれる
肩こりや腰痛の治療をしてくれる
足のむくみ取りをしてくれる

この全て、保険が使えません
技術の有無は置いといて、法律上無理ということです。

これについては、過去にも何度か書きました。
整骨院について

小さな整骨院の小さなブログだけど
何度も話していくしかないんでしょうね。

✅病院との掛け持ちはダメ

慢性症状がダメというのは、何となく知ってるけど
実は掛け持ちもダメなんです。

自宅ではA整骨院、勤務先近くでB整骨院
普段の治療は整骨院で、月に1回病院で薬をもらう

これらはダメということです。

ただし、違う月になれば大丈夫です。
同じ月の中で、行ったり来たりはダメですよ、ということ。

まる福では「浮気して、二股かけたらあかんで」
と説明してます(笑)

ただ、どうしても病院に行かなくちゃいけない事態になった場合
例えば、まる福に通院中、ひどい捻挫をして骨折が心配!
そんなときは紹介状を書くので、それを持って整形外科を受診してください。
整形の先生の同意がもらえれば、継続してまる福に通うことができます。

✅まとめ

町にたくさんあって、気軽に通えるイメージの整骨院。
保険が使えるから手頃に治療が受けられる。

でも、それにはしっかりとしたルールがあるんです。

まる福では、保険を使えない場合は自費治療でお受けするか
残念ですけど、帰っていただいてます。
折角来ていただいて申し訳ないけど仕方ない。

あなたの通う整骨院の先生は説明してくれました?
ここ、大事なので気を付けてくださいね!

ではでは。
こんばんは。
明石市大久保にある骨盤矯正が上手な
まる福整骨院院長のフクイエです。

福家って名前、正しく読んでもらえること
実はあまりありません。

フクヤさんとか、フケさんってのが多いです。
実際、中学の同級生にフケくんがいたし。

ま、どうでもいいですけど(笑)


今日は患者さんから質問された内容。
「なぜ、こむら返りになるの?」です。

明け方に多いから目が覚めちゃうんだよね〜。

こむら返りになる原因は大きく分けるとこの3つ。
“茲
⇔笋
水分不足


疲れや冷えに関しては何となくわかると思うけど
これからの季節、多くなるのが水分不足です。

何とかスェットのCMでも
「寝てるだけでコップ一杯分の汗をかきます」
なんて言ってた気がするけど
普通に生活してるだけでも、体は水不足になってます。

夏は熱中症対策や〜って飲んでても
冬になるとね〜って人は多いはず。
冬でも2リットルは飲まなきゃダメだと
思っといてください。

こればかりは仕方ない。
飲めたら飲んでじゃなくて、飲まなきゃいけないんだもん。
義務だと思って飲んでください(笑)

それでもなっちゃったときの対策は
また次回に。

ではでは。